クリスチャンであることを誇れるように

 私は小さいころからチャーチキッズとして、子供小組やバイタル、家庭集会に参加してきました。小さいながら兄弟たちが楽しそうに食事をし、交わりを持ち、詩歌を歌っているのをみて、この繋がりが自分のいるべき場所だと思っていました。

 ですが、大きくなるにつれて学校の友達で日曜日集会に行っているのは僕ぐらいということに気づきました。そのため、どんなにバイタルや家庭小組でエンジョイしても学校の友達には召会の話はできませんでした。親が奉仕者として召会に行っていたので中学高校の頃までは召会生活を送っていましたが、部活や学業が忙しくなり、友達との付き合いもあり、次第に召会生活から離れるようになりました。

 そして社会人四年目の頃になった時、召会生活に戻るきっかけが与えられました。それはN兄弟に誘われて参加するようになった在職者小組です。在職者小組では比較的年が近い兄弟姉妹も参加しており、仕事での近況を話したり、持ち寄りで愛宴をしたり、一緒に詩歌を歌ったりして召会生活をアットホームな雰囲気の中で過ごすことが出来ました。私はここで召会生活での喜びを取り戻したと思います。

 その後、兄弟たちの勧めで上海へ在職者ブレンディングに参加したり、アナハイム冬の訓練に行ったりする中で、「私は正常なクリスチャン生活を送れているのだろうか。熱心に聖書や書物を読んでいるわけではないし、主日や祈りの集会に毎回参加しているわけでもない。また預言を満足に語ることができるわけでもなく、福音もしたことがない。こんな状況の中、主が来られたらどう申し開きしたらよいのだろう」と思う様になりました。もちろん、できる限り主日に参加して預言を言ったり祈りの集会に出てみましたが長続きしませんでした。そんなとき、兄から全時間訓練に参加してみてはとの誘いが来たので、訓練に行くことに決めました。

  訓練では中途半端なクリスチャンから脱してクリスチャンであることを誇れるようになり、主から受けたタラントを増やすことのできる者となれますように。

(16期生 K兄弟)