訓練の生活


5:30 起床と洗面

毎朝、5時半に起きて、まずわたしたちがすることは主の御名を呼び求めることです。

「おお、主イエス!」と言って、主と共に一日を開始します。

 

5:50 朝ごとの復興

それから、個人的に御言に来て、霊を活用して祈り、御言葉の中の霊なる神と接触します。彼はわたしたちの日ごとの食物であり、一日の喜びと活力の源でもあります。

6:20 運動

わたしたちは霊を訓練するだけでなく、体も訓練します。朝ごとの復興が終わった後、ランニングと体操をすることによって、体が適切に顧みられて、健康が保たれ、病気に負けない体を作ります。

 

7:00 朝食

栄養バランスの取れた、おいしい朝食にあずかって、霊と魂だけでなく、体も健康になり、一日キリストを経験し享受するための糧を享受します。

  

8:30 訓練のクラス

午前中のクラスは訓練の中で最も重要な時間の一つです。火曜日から金曜日まで朝二回のクラスがあり、命と真理の各面を取り扱います。核心のクラスは、「神のエコノミー」「キリストの満ち満ちた務め」「三一の神と彼の言葉」「その霊」「キリストのからだ」「新エルサレム」があります。基礎のクラスは、「神の定められた道」「キリストを命として経験する」「性格」があります。奉仕に関しては、「子供、中高生、大学生の働き」「奉仕の生活」を学びます。日本各地から講師が来て、聖書やキリストに対する、豊富な認識と経験を語り、信仰と真理の上でわたしたちを成就し、装備してくださいます。

 

11:30 昼食

おいしい健康的なサンドイッチとおにぎりが交互に用意され、飽きることがありません。

12:00-13:30 福音と牧養

午後の時間、訓練生は近くの大学キャンパスや地域で出て行き、神と同労して、福音の良き知らせを伝えて、すべてを含む地である豊富なキリストの享受の中へともたらします。また、主を受け入れて新人を養い、真理を知る全き知識へと至らせます(Ⅰテモテ2:4)。

 

14:20-15:10 休憩

 

15:10-15:40 個人の祈り

午後に30分間、個人的に主と親密な祈りの時間を持ちます。自分の必要のためだけでなく、神の地上における権益のためにも祈って、神の心の願いが完成するようにします。また、大切な家族、父母、兄弟姉妹のために祈ります。「主よ、わたしの家族を覚えてください。あなたが家族単位の救いの約束を早く成就してくださいますように。主よ、わたしは信じます。わたしとわたしの家族がみな救われますように!」

 

15:45-16:15 聖書通読

毎日、決められた通読の進度に合わせて、聖書通読を行ないます。二年間の訓練の中で、回復訳聖書をフットノート付きで新旧約ともに少なくとも一回は読み、キリストの言葉をわたしたちの内に豊かに住まわせます(コロサイ3:16)。

 

 16:30-17:45 午後のクラス

月曜日は、それぞれの訓練生が享受したすべてを含むキリストを分け合い、真理と経験を語ることを訓練し、共に恵みにあずかり前進します。火曜日は言語のクラスでギリシャ語と英語を学びます。ギリシャ語は、聖書原文に深く入り込むのを助け、英語は年七回の国際特別集会のメッセージを直接聞くのと、キリストの宇宙的なからだのブレンディングにあずかるのを助けます。水曜日は性格について学び、主に役立つしもべになるために必要な正しい性格を建て上げます。木曜日は専門奉仕を通して、からだとして組み合わされて奉仕することを学びます。金曜日はチームの交わりを持ち、神の定められた道の実行において互いに研究し、学び合います。

 

17:45 夕食

 

19:00 夜の活動

毎週月曜日と火曜日と木曜日の夜は、自習の時間が設けられており、訓練のクラスの内容の中へと深く入り込み、消化吸収します。水曜日は祈りの集会に参加して、主の行動のために召会の祈りの務めにあずかることを学びます。金曜日は、福音や牧養、また小組の実行を訓練します。

 

 

22:10 夜の祈り

毎晩、部屋ごとに15分間夜の祈りをします。訓練生同士で共に祈り、交わり、とりなし合います。これは、わたしたちが霊の中でブレンディングされ、建造されるとても良い機会です。

 

22:30 就寝

夜の10時半に就寝します。わたしたちは主の中で安息し、明日のために体力を回復させ、さらに前進できるようにします。


年間行事

 春学期

  ・予備訓練

  ・福音行動

  ・アナハイム訓練参加

  ・学期末福音集会

  ・オープントレーニングセンター

 

 

 秋学期

  ・予備訓練/特別短期訓練

  ・国内開展

  ・台湾訓練参加

  ・集中ビデオ訓練

  ・学期末福音集会

  ・召しの集会

  ・卒業集会