訓練の五本柱


真理

聖書にある真理は計り知れず、集中的な学びが必要です。訓練のクラスは旧・新約聖書で鍵となる書や全聖書の鳥瞰図、真理の高嶺、クリスチャン生活、奉仕の面を網羅しています。訓練での真理の学びは、宣べ伝えるためだけでなく、あらゆる間違った考えや哲学、聖書的でない観念からあなたを解放します。そのような真理はあなたを輝かせ、支え、生活を支配するビジョンとなり、他の人にキリストを供給する言葉で装備させます。


どんな命でも適切に育ち、実を結ぶよう成長するには訓練と規制が必要です。訓練は、あなたと主との個人的で親密な関係を深め、主観的に主に触れ、さらに命を享受することができるよう助けます。継続的な命の経験の後、あなたは外側の環境や内側の状況にとらわれず、主との交わり、神聖な命によって支配されるようになるでしょう。


福音

訓練は、どの訓練生も福音において積極的になり、実を結ぶことができるよう案配されています。またあなたの自分中心な生活から、周りの人たちの霊的健康に関心を持つ生活へと転換するのを助けます。それらにより、福音を伝える能力は養われ、信者たちに神の言葉を語り牧養し、召会を建造するようあなたを成就します。 


奉仕

訓練は、奉仕の生活が何か特別な事ではなく、全ての信者にとって正常な事柄であると認識できるよう助けます。個人主義をわきに置き、一つ心で互いに交わり、からだの取り組みの中で奉仕する事を学びます。訓練を通して、あなたの奉仕は神のみこころを成就させるためとなるでしょう。


性格

人がどれほど主の御手において有用であるかは、その人の性格にかかっています。私達の内には最高の人性を生きられたイエスがおられますが私達の器である性格がまず成就される必要があります。

訓練において、どのような美徳を持つべきかを学び、その霊の造り変えにより、引き上げられたイエスの人性が造り込まれ、器が整えられていきます。性格が建て上げられることにより、残りの人生がどんな事にささげられても、必ず益となるでしょう。