訓練のことを考えている人への言葉

 

 「大学教育を終了したすぐ後、生活において新しい局面を迎えようとしているすべての若者にとって、主を知り主に奉仕するために訓練される時間を取っておくことは、実に大きな祝福です。わたしは、彼らが訓練を通して養われ装備された後、全時間奉仕をしようと、就職しようと、何の問題もないと思います。なぜなら、彼らは装備された後、主の回復にあって、もはや一般的なクリスチャンではなく、ありふれたクリスチャンでさえないからです。彼らは訓練され、装備されており、主の負担を受けています。これは彼らの全生涯に影響を及ぼすでしょう。

 このように装備された後、たとえ訓練生が定職に戻ったとしても、彼らは世間一般の人と同じにならないでしょうし、以前の彼らのようになることはないと思います。むしろ彼らは命と真理で満たされた主の生ける証し人となるでしょう。たとえ彼らが将来何をしていようと、家族を顧みていようと、家事をしていようと、働いていようと、会社を経営していようと、彼らは自然に主の生ける証し人になっているでしょう。……この展望から、全時間訓練の中であなたの人生の最高の時を費やすことは真に価値があります。」(神のエコノミーと神聖な三一の伝達の奥義、第11章)

 

 主の回復の中の一青年として、あなたは訓練されて主に有用になりたいという願いをすでに持っているかもしれません。あなたが今、何歳であろうと、霊的な状態がどうであろうと、これらの言葉を読むことは、あなたの将来設計を考える際に、訓練の目的と価値に印象付けられる助けとなるでしょう。


全時間訓練への参加に関するいくつかの重要な事柄

 

 この機会を用いて、東京全時間訓練への参加に関するいくつかの重要な事柄を交わりたいと思います。高校生であれ大学生であれ、もし全時間訓練に参加しようとしているなら、以下の点を真剣に受けとめるべきです。

 

訓練に行く理由

 あなたは神の永遠の定められた御旨のためにキリストのからだの生ける、機能し、勝利を得る肢体として成就される個人的な願いを、どんなに弱いように見えても持たなければなりません。これは神のエコノミーにしたがった主の回復の訓練であるので、その目標は高く、その標準に妥協はありません。あなたは柔らかく誠実な、訓練されることに開いた心を持たなければなりません。あなたは両親や奉仕者が行ってほしいから、あなたの友達が行くから、あるいはあなたの霊的生活を「修復」する必要があるからという理由で訓練に参加すべきではありません。疑いもなく、全時間訓練は享受と栄光の場所ですが、取り扱いと暴露の場所でもあります。訓練されることによって得ることができる益は比類なく無制限ですが、全時間訓練はあらゆる人のためのものではありません。それでもやはり、わたしたちは、主の回復の中で追い求める兄弟姉妹にとって、全時間訓練よりも良い場所はないとなおも強く信じています。

 

訓練を視野に入れて生活する

 もしあなたがいつか訓練に参加しようとしているなら、第一に、自分自身を主に明け渡すこと、すなわち、あなたの人生を彼に、また彼のみこころにささげるよう励まします。このようにするなら、訓練はあなたの学業の目標、職業の目標、個人の目標よりも確実に優先されるでしょう。そのようにささげることは、まず神の王国と神の義を求めるという原則の中にあります(マタイ6:33)。主は確かにそれを尊び、覚えてくださいます。

 第二に、訓練のためにあなたの生活スタイルをこの世から聖別してください。この時代にかたどられてはいけません。具体的には、異性とのどのような個人的な交際や関係を持つことも避けてください。これは、ある日、主が現れる時に彼のようになる望みをもって自分自身をきよくするという原則の中にあります(Ⅰヨハネ3:2-3)。

 第三に、あなたがどこにいても、召会生活に自分自身を徹底的に投入してください。召会生活は苗床のように、人間的にも霊的にもあなたを守り育てる特別な環境であり、全時間訓練のためにあなたを備えます。

 

行く前に読むべきもの

 第一に、全聖書を読み通してください。日常的に聖書を読むことによって、あなたは神の言葉を愛する人となるでしょう。わたしたちが御言を愛するのは、その中で神の御子の生けるパースンに出会うことができるからです。さらに、高校生と大学生の間に務めの書物を読むなら、あなたの中には使徒たちの教えの基礎が据えられ、それはあなたが訓練から最大の益を受けることができるようにするでしょう。

 

以下の務めの書物を読むことをおすすめします:

  •  「すべてを含むキリスト」、ウイットネス・リー
  •  「神の永遠のご計画」、ウイットネス・リー
  •  「青年訓練」、ウイットネス・リー
  •  「命に関する基本的な学課」、ウイットネス・リー
  •  「命の経験」、ウイットネス・リー
  •  「命の認識」、ウイットネス・リー
  •  「神のご計画の中の一青年」、ウイットネス・リー
  •  「主の回復の簡潔な提示」、ウイットネス・リー
  •  「聖書の基本的な啓示」、ウイットネス・リー
  •  「性格」、ウイットネス・リー
  •  「栄光の教会」、ウオッチマン・ニー

 

 適切に計画を立てることによって、あなたは数年の内に容易に読み終え、聖書の内容の概要と、回復の中の重要な項目の基本的な霊的知識を両方とも獲得することができます。大学キャンパスで奉仕している人たちが計画を立てるのを手伝って、あなたが通読し終えるのを手助けすることができるでしょう。すべての夏と冬の訓練と他の特別集会に参加するようにあなたを強く励まします。現地で出席しても、メッセージをビデオで見ても構いません。これは務めに対する健康的な食欲と、真理の高嶺に対する評価を高めるのを助けます。

 

経済的な考慮

 もし可能であるなら、訓練にいる間に自分自身を支えるため、少しずついくらか貯金すべきです。訓練の一学期は、家賃と食費を含めて22万5000円かかります。(個人的な出費は除く)。あなたを遣わす召会や両親は喜んであなたを経済的に支えてくれるかもしれませんが、あなた自身のものを全時間訓練のために取っておくことは、あなたの側の真剣な態度と献身の強いしるしです。また、あなたは奨学金以外には、不必要な借金をすべきではありません。一青年として、あなたは正しくお金を使う習慣を身に付けるべきです。あなたの収入に応じて生活し、お金を借りたり浪費したりせず、むしろそれを神聖で天的な目的のために取っておくことを学ぶべきです。あなたが東京全時間訓練にいる間の経済的必要に費やすために貯蓄口座を開始することさえわたしたちは提案します。どちらにせよ、日常生活の事にかかわったり重荷を負ったりしないようにしてください。それは、あなたをご自身の軍隊に徴兵した主を喜ばせるためです(Ⅱテモテ2:4)。

 

訓練の前味わい

 訓練期間中、東京全時間訓練は大学生と高校生の短期入学を受け付けています。例えば、あなたの学校が休みの間に短期訓練生として参加することを歓迎します。多くの人は過去に短期訓練に参加し、その結果、大学を卒業した後に訓練に入ることをさらに決心するようになりました。あなたの地方の奉仕する聖徒たちや訓練生と交わって、訓練についての情報を常に入手してください。

 

全時間で主に仕える願い

 あなたがたの何人かは、主に触れられて、これから一生、全時間で主に仕えることを考えているかもしれません。そのような願いは、全時間訓練に参加するための要求ではありませんが(それは時間、環境、からだのテストを受けなければなりません)、あなたの内側のその種に水を注ぐように強く励まします。訓練の負担の一つは、主の回復の働きに全生涯をささげ、この時代の満了のために全地に彼の証しを拡大させる若い世代を生み出すことです。

 もし全時間訓練について何か質問があれば、あなたの地方の責任者の兄弟たち、あるいは訓練センターに連絡してください。今後、あなたが主と協力することを通して、主があなたを祝福し、強め、訓練のために備えてくださいますように。わたしたちは全時間訓練であなたに会えることを主の中で心から望んでいます。恵みがあなたがたの霊と共にありますように。

 

キリストの中にあるあなたの兄弟、

全時間訓練の兄弟たち